スポンサーサイト

  • 2014.10.23 Thursday
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています

パンスタークルーズモニターツアー[8]

釜山の国際フェリーターミナルで無事、パンスタードリーム号に乗れました!

釜山港ではデッキを渡って船に乗り込む。
デッキからはパンスタードリーム号が!
 

船内に入ると、おなじみチェロ生演奏での歓迎。



ロビー入口や階段前では、船内乗務員の方々が並んで歓迎してくれます。
写真撮って良いですか?って英語でお願いしたら、おどけてくれたフィリピン人の乗務員さんたち。^^



そしてフロントには、パンスタードリーム号の顔なおねえさん!
なぜパンスタードリーム号の顔なのかというのは、この話の最後に。
おねえさんの顔を覚えておいてくださいー。



キーをもらって部屋に入って、一息ついて、毎度のごとく船のデッキに出てみる。

釜山港には同じパンスタークルーズの船が。
これは貨物船なのかな?



これを見ると、パンスタードリーム号に乗った実感がわきますね。



釜山港を眺める外人さん。



さよなら釜山タワー。
また来るぞ、釜山!!



フェリーが出港!
九州へ行く高速船が見えました。



この日は日曜日だったせいか、いろんな国の外国人のお客さんがたくさん乗られてましたね。



釜山港の大きな橋も通りすぎて。



ふと見るとでっかいフェリーが釜山港に入ってました。
パンスタードリーム号もけっこう大きいけど、あれも大きいなぁ。




さてさて、釜山港を見送って。。。

フェリーのデッキにある、ベンチに座ってゆっくりしていたら、行きでもお会いしたおかあさんがぼくを見つけてくれました。
「あら! またお会いできましたね! ホテルも同じって聞いてたのに、釜山では全然会えなくて、どうしてるのかしらと思ってたのよ〜!」
上品な感じだけどワイルド感あるかっこいいおかあさん。お友だちとお二人で釜山旅行をされてて、日程がぼくたちと一緒だったのですー。
それで、お互いどこを見てきたのか、何を食べてきたのか、いろいろお話。
釜山タワーとロッテ百貨店、それにホテルの朝食も、全部ニアミスでした。

釜山での夕食は、遠出して釜山駅からわりと離れた駅の食堂に行かれたそうです。その食堂、店主の人がすんごく歓迎してくれたんだって! お値段も聞いたら全然高くなくて。羨ましい限り。
昼食は、チャガルチ市場にあるあのビルじゃなくて、そばの小さいお店で、アワビ粥を食べられたと。
「あのアワビ粥、とってもおいしくて! 今日もまた行って同じお店に2回行ったのよ!」
すごい、そんなにおいしかったのか!そこ行きたかった〜〜〜!

で、もしかしてこの上品なおかあさんお二人は、きっと良い部屋に泊まってるのに違いない、と思って聞いてみたら、、、
「ベッドのお部屋よ。良かったら見に来る?」と。
部屋に入らせてもらったらびっくり! スイートルーム!
高級ホテルの部屋となんらひけをとらないすんごい良いお部屋〜。
「良かったらイスにおかけなさい」とすすめてもらう。
わ、イスまであるし!
そして部屋でお二人と、今回の旅のいきさつや、個人的なお話、韓国のこととか、たくさんお話ししました。
とても感じの良いお二人でした。よくお二人で旅してらっしゃるそうです。


その後行ったのは、クルーズ客専用のラウンジ。
カードキーを使って入るんだけど、普通にドア開いてました。カードキーをかざしたかったのに。



こんな感じで外人さんがゆったりしてました。



ラウンジでは、コーヒーやジュース、お茶、それにお菓子が提供されてました。



そしたら、またさっきのおかあさんお二人が入ってこられて、「また会いましたね!」
で、せっかくなので記念撮影しませんか?とお願いしたら、「ぜひ撮りましょう」と言ってくださいました。
ラウンジにいた、インド人の人にシャッターをお願いして、友だちとおかあさんお二人の4人で記念撮影しました。
このお二人にお会いできたことが、今回一番うれしい出会いでしたね。^^

部屋に戻って、テレビをつける。
韓国のTVがほとんどだけど、NHKも映りました。
ひとつのチャンネルが、フェリーの専用チャンネルで、現在地が表示されてました。
でもまだ海ばっかのところだね。w



夕食まで時間があったので、ロビーに行って、iPhoneをフェリーのWi-Fiでつなげて、Facebookに投稿とかしてたら、、、
韓国人のおじさんが韓国語で話しかけてきた!
「おっ?! にいちゃん、一昨日もフェリに乗ってたじゃないか! なんでまた乗ってるんだ? 何してるんだ?」
あれ? 行きのフェリーでもこのおっちゃんと話したっけ?とか思いつつ、同時におっちゃんこそ何で乗ってるんだ、と思ってしまった。
モニターツアーに招待してもらって釜山で一泊の旅行をしてきた、って話したら、「おお、そうだったのかー」と。で、おじさんこそなんでまた乗ってるんですか?と聞いたら、ちょっとおじさんの韓国語がわからず、うむむと思ったところに、もう一人韓国人のお兄さんが現れて日本語に通訳してくれました。なんというタイミング。
「貿易の仕事をしてて、釜山と大阪を行ったり来たりしてるんです。大阪にも家があります」と。
きさくなおじさんだったなぁ。笑。


さて、夕食!
フェリーのレストランでのバイキングです。



行きはカレーだったのが、帰りはマーボー豆腐でしたー。



で、いっぱい取ってこなくてもかまわないのをまだ自分は学んでないようで、ご覧のとおりどっさり。またこんな盛り付けに。。。



もちろん何度もおかわりして、腹いっぱい食べました〜。
満足!

夕食時間が終わって、しばらくしたら、レストランのところで、ショーの時間です!
おなじみ最初に出迎えてくれるチェロの方!



次に、アイドル登場! 
この人、行きにラウンジで歌ってたフィリピンの人と同じ人かな?どうなんだろう??
衣装が違うからわからなかった。





客席のほうまで出てきて熱唱!
この盛り上がりの高さだと、歌は終わりかなと思ったんだけど、
続いて、チェロとアイドルのセッション。^^



そして、またアイドル!が登場。



めっちゃきれいな人!
こんな人、クルーの中にいたかなぁ?? 



この人のことを勝手に、パンスタードリーム号の少女時代と呼ぶことにします。
少女時代の歌は歌ってなかったけど。笑。
次回パンスタードリーム号に乗るときもこの人を見たい!

そして、クライマックスはマジックショー。
一瞬にしてサングラスになった瞬間の決めポーズ!



そんな感じでショーを楽しんで。。。

この後、風呂に行きました。
部屋にもシャワーがあったんだけど、ゆったり大浴場へ。
行きのフェリーでは風呂に行くのが遅すぎて、湯を抜かれる直前でした。乗務員の人が気を利かせてくれたので入れたけど。
帰りは、時間を気にせずゆったり風呂につかりました〜。


寝るにも惜しいので、なんとなく船内をうろちょろ。
で、出航の頃にちょっと挨拶した韓国人のにいちゃん二人がビール飲んでいたので話すことに。
ビールのアテは、なんと調理してないインスタントラーメン。袋開けて、麺を割って、スープの粉かけて、バリボリ食べてはりました。
「食べてみなよ」って言うので食べてみたけど、これは口に合わなかったなぁ。
いろいろ話して、「良かったら大阪でも飲みに行かないか?」と誘われたけど、帰ったらすぐ仕事に戻らなくちゃいけないので、お断りすることに。TT
ま、楽しいひとときでした。


で、部屋に戻って、さあ寝ようかーと、友だちと寝る準備を始めたら、、、
クローゼットの中に、掛け布団がない。TT

あったのは、毛布。



しょうがなく、毛布を使うことに。冷房はちょっと強めにして。
あ、冷房は、天井にある吹き出し口をくるくる回して、調節するんですー。
そんな感じで眠りにつきました。
次の朝、乗務員の人に、掛け布団なかったですーって言ったら、「どうして仰ってくださらなかったんですか!?!?」って言われました。だって遅すぎてフロント閉まってたんだもん。えーん。TT


そんなこんなで朝!
フェリーは瀬戸内海を航行中。




レストランへ行って朝食。

朝はパンもご飯もありますー。
朝食がパン派の人も、ご飯派の人も大丈夫です!





やっと少なめに盛りつけられるようになったぞ。ぼく学んだよ!w



パンも食べてみたけど、けっこうおいしい!



もちろんやっぱり何度もおかわりして、おなかいっぱい。満足。

朝食終わって、まだ大阪港に着くまでしばらく時間があるので、デッキに出ることに。

瀬戸内海はけっこう漁船が多かったですねー。



明石大橋が見えてきた!



昔、初めてこのフェリーに乗った時、明石大橋をくぐって行くところにすごく感動して。
でも、その当時は、デジカメもまだまだ機能が高くない頃で動画も撮れなかった。

だけど、今回はiPhoneがある!
動画を撮ったよ!!

橋の下をくぐって行くところをどうぞご覧くださいー。



明石大橋を後に、フェリーは大阪港へ向かっていきます。





乗客のみんなもずっと明石大橋を眺めてたんだね。




そして、ついに大阪港へ。
閉館しちゃった海の時空館。建物かっこいいよなぁ。



大阪港を眺める外人のおねえさんたち。





大阪港に着いたよ!!
楽しい船旅が終わりました〜。

フェリーを降りて、入国ゲートへ。
そして大阪港の荷物検査。
荷物検査の職員さんが、「麻薬とかは持ってないですか?」と言うので、そんなんないですーって答えて、職員さんとぼく、苦笑い。本当に持ってないですし興味ないです。w

無事大阪港を出て、市営地下鉄のコスモスクエア駅まで、パンスタークルーズの送迎バスで送ってもらいました。



バスの中にはこのポスターが。



あ! フロントにいらっしゃったおねえさん!!

パンスタードリーム号の顔って最初に書いたのはこのことでした。
大阪駅のデジタルサイネージでも、この写真で広告を出してたと読みました。
パンスタードリーム号が好きでよく利用している方には、お馴染みの方だそうです〜。


そんなこんなで、ご招待いただいた、パンスタークルーズモニターツアーが終わりました。
久しぶりにフェリーに乗って、楽しい旅ができました。^^
パンスタークルーズ様、ありがとうございました!


そして、このブログを読んでくださった皆さま、ありがとうございます。
さあ、パンスタークルーズのホームページに行って、パンスタードリーム号に乗っちゃいなよ!! 楽しいよ!! ^^)/

Panstar Cruise ホームページ
http://panstar.jp/



パンスタークルーズモニターツアー[7]

ロッテ百貨店で買い物をして、釜山港へ向かう前に昼食を食べることに。
何を食べようかと南浦洞を歩く。

お、STANDING EGGが釜山でライブするんだね。
このノボリをいっぱい見かけました。



なんとなく南浦洞の風景。






で、クッパのお店を見つけたので、ここに入ってみることに。
ドムっていう牛肉クッパのお店でした。
お店はなんだかオシャレで新しいお店な感じでした。


クッパを注文。
待っている間に、これを読むと、この生玉子をクッパに一つ割って入れるとおいしいです、と。



クッパが来たので入れてみる。


セットでついてきた、カルビトック。
これをハサミで切って、二人で食べましたー。


けっこうおいしいお店でしたー。
で、なんか居心地良いお店だったので、なんかここでゆったりしすぎちゃったみたい。

お店を出て、地下鉄の駅へと向かう。
途中で、前の日の晩に見てなんかびっくりさせられたマネキンにまた遭遇。
全く動かないマネキンだけど、なんかしゃべっててなぜかなんだかツボでした。



また途中の道でCDショップがあったので、ちょっとのぞいてみる。
お、日本映画『ラブレター』のDVDがありましたよー。



映画『ラブレター』での「お元気ですかー?」の日本語セリフは、韓国人は全員知ってる有名なセリフ。
でも、ここ数年、「お元気ですかー?」って言ってくれる韓国の人に、そのセリフの映画知ってる?って聞いても、「わからないです」って言われます。口元に手を添えて「雪のところで手をこうやって言うんでしょう?」とだけ。
考えてみたら1995年の映画だからもう19年前の映画なのですね。そりゃもう若い子は知らないかぁ。。。
映画自体を知らない人が増えても、まだ「お元気ですか」という日本語が根付いてるのはすごいことですね。


で、ホテルに荷物を預けてあるので、また地下鉄に乗って、釜山駅へ。
あ、地下鉄に自転車!!
韓国の地下鉄のTVで流れてる映像では、事故時の避難の仕方と、自転車載せても良いですよ、っていう内容が繰り返しやってます。
でも本当に自転車載せる人がいるんだねー。




釜山駅へ着いて、もう出航時間が近づいてることにやっと気づいた!
ホテルで荷物を急いで受け取って、また地下鉄へ急ぐ!

なのに、急いでいるのに、友だちがタクシーのおっさんにつかまるハプニング。
タクシーの運転手は、日本語で「乗って行きなさい」と言ったぽい。
友だちは「おーいおーい!乗れって言ってるでー!」とぼくを遠くから呼ぶ。日本語で言われたので信じちゃったみたい。
地下鉄ですぐ行けるのにタクシーなんぞ!
断ってー!地下鉄で行くで!って言って、地下鉄へ。

国際フェリーターミナルのある中央駅へ。
慌てすぎて出口を確認せずに出てしまう。見慣れない風景!
歩き始めたらなんか違う気がして、ちょうどそこに地図があったので、確認。
あ、やっぱり逆に歩いてた!

なんとか国際フェリーターミナルへ到着。
パンスタークルーズのカウンターに行くと、もはや閉まるところ。
今日乗るんです、と言ってパスポートを渡すと、素早く手続きをしてくださって、「すぐに2階出国ゲートに行ってください」と。

出国ゲートに行くと、もうゲートは開いてました。
なんとか出国手続きに間に合って、フェリーの搭乗口へ。

あとほんの少しでものんびりしてたとしたら、フェリーに乗れないところでした。
あぶないあぶない。

汗びっしょりで、釜山道中が終わりました。

もっかい続きます!



パンスタークルーズモニターツアー[6]

釜山で一泊して、朝はホテルのレストランでビュッフェ形式の朝食。
チェックアウトして、ホテルへ荷物を預け、フェリー出航前におみやげを買いに行くことに。

今回何度行ってるんだ、南浦洞!



釜山の風景っていうとこういう感じが印象が強いです。


 
おみやげを買いに行ったのは、南浦洞にあるロッテ百貨店光復店。
おっと外観を撮り忘れてきた。

10時に着いたら、「開店は10時30分からです」と店員さんに教えられる。
念のため、おみやげを買いたいので食品売り場があるか確認。「地下1階の奥に行ったところにございます」と丁寧に教えてくださいました。

開店〜。食品売り場へ向かう。
その前に、なぜか回転寿司がありました。


でも、写真をよくよく見たら、なぜかエビフライが回っている。。。なぜだ。

食品売り場では、キムチとかいろいろ試食販売していて、店員のおばちゃんたちが「どうぞ食べてみてください」と日本語で薦めてくれました。でも、さすがロッテ百貨店、しつこく売りつけたりしない! いろいろ食べさせてくれて、説明もしてくれて、でも他を見たいと言ったら気持ちよく「どうぞ」と次へ行かせてくれました。
ロッテ百貨店は感じ良いなーと思いました。

いろいろ品揃え良くて! 

既視感のあるお菓子とか。


なんかコラージュをネットでよく見かけるカレーはこれかぁ〜。


韓国発で海外でも有名になったキャラクターとか。


おみやげは、とにかく韓国なので、大量に韓国海苔を。
海苔担当の店員のおばちゃんも親切な方で、いろんな種類の韓国海苔を試食させてくれました。
焼肉味の海苔とかおいしかったなぁ。キムチ味の海苔とかとにかくたくさんありました!

韓国海苔とお菓子を買って、おみやげ購入完了!!

で、入口のほうへと戻ると、アイスを配ってました。


この日はすんごく暑かったから、サービスなのかな?
暑くなくてもセールの宣伝のために配るのかな?
とにかく暑かったので、このアイスはありがたかったですー。

で、このロッテ百貨店は、屋上の見晴らしが良い、と行きのフェリーでお会いしたおばちゃんから教えてもらったので、屋上に行ってみることに。

屋上には庭園が。


庭園を眺めながら、のんびりアイスを食べました。


この長い階段を上ると展望台なんだろうね、と上ってみる。


展望台は広々〜。


釜山港も見えます。
で、なぜかここもカップルが付ける鍵が。


でもなんだか少し物足りない感じがして、ふと見ると、向こう側にも展望台。
あっちのほうが景色良さそう!


向こう側の展望台へ移動して、風景を眺める。
あ、写真見たら、パンスタークルーズの建物が!
パンスタードリーム号の会社ですね!


釜山タワーも見えました!


チャガルチ市場も見えました。




ちょっと前に流行った画像加工をしたくなるような橋。しないけど。


カップルが付ける南京錠は、鍵をかけた後、その鍵をNソウルタワーでは山に投げるんだけど、ここロッテ百貨店は街の中だから屋上から投げると大変なことになるだろうってことで、鍵を入れるボックスがありました。



そんな感じで、けっこう景色のいい場所でしたー。
釜山タワーに上るのは定番だけど、こちらのロッテ百貨店の展望台もなかなかの景色。
なによりこちらは無料です! 無料でこれだけ展望できるのはお薦めかもです〜。

で、風景を楽しんで帰ろうと思ったら、なぜか動物園を発見。


いろいろ小さめの動物がいてました。

プレイリードッグって初めて見た! なぜ釜山でプレイリードッグ!!



ヤギやブタも!




ウサギは日陰で寝てるみたいで。


リスがケージの中を走り回ってました。
すばしっこくてやっと撮れた写真。


といった感じで、ロッテ百貨店でのおみやげの買い物と、展望台見学おしまい。

あとでフェリーでおばちゃんに聞いたら、1階の噴水ショーもきれいで楽しかったそうです。「見たら良かったのにー!すごいきれいやったよー!」と仰ってました。

至れり尽くせりな感じのロッテ百貨店でした。

今回はなんとなく話終わっちゃいましたが、まだなんとなく続きます。


パンスタークルーズモニターツアー[5]

釜山に来たら、やっぱ魚料理でしょう!と!

釜山タワーからチャガルチ市場へ向かう。

独特な屋根をした奥の建物がチャガルチ市場のビルです。
昔は小さなお店がたくさん並んでたんだけど、何年か前に、この大きな建物ができました。



中はこんな感じで小さな魚屋さんがたくさん入っています。



写真を撮ってると、友だちが外に出られるのを見つけて出て行ったので、ついて行く。



外では釜山の海が見られて、たくさんの人が涼んでました。
カモメがたくさんいたんだけど、夜だし素早く飛んでるし、写真には収められず。

ま、こんな感じの外観ですねー。



で、まあここで何か食おうかと、中の店を見て回りました。
魚介類がいっぱい!









なんか日本語ができるおばちゃんの店があったので、そこで魚を買うことに。
時間も時間だったしね。
なんかやたら貝類を薦めてくるおばちゃん。。。
貝だけじゃお腹いっぱいにならなさそうなので、ヒラメもお願いすることに。
生ダコも一度話のたねに食べたかったのでそれも。

そして値段を聞いたら、ちょっと高くてびっくり。
もう少しまけてよ、何ウォンにしてよ、とか交渉。
少しだけ安くしてもらったところで妥協して買っちゃいました。
時間も時間だったしね。。。;;;;

で、ヒラメはおばちゃんがさばいてくれて、貝類は上の階で焼いてくれるんだそうで。

1階で魚介類を買って、2階で食べるというシステムのビルなのですー。

買った魚介類を運んでくれるおじさんに案内されて、2階へ。
たくさんのお客さんが食べててごった返してました。



最初にツキダシが出てきて、しばらくしたら、ヒラメの刺し身が盛りつけられて運ばれてきました。



生ダコ料理、サンナクチ、は、さばかれてるのにまだ生きてて、ウネウネ動いてました〜。



サンナクチ、食べると口の中に吸盤がくっつくと聞いてたんだけど、まあまあのくっつき様でした。そんなにネタになるわけでもなかったかな。

隣の席ではなかなかの宴会。



食べたのは、1階で買った魚介類と、ツキダシと、ご飯を4杯とソジュ(韓国焼酎)を1本だったんだけどね。。。
食べ終わって、お勘定をお願いしたら、、、すんごい高い金額が来た!!!

待て! 待て待て!!

思わず、ピッサダ!ピッサヨ!!(高い!高いよ!)と言って、伝票を見せてもらう。
ご飯とかソジュとか、めっちゃ高い。なんでこんな小さいご飯がこんな値段なのか。
その上、調理代金というのが追加されてる!
そんなん聞いてないぞ。

結局、交渉とかはせずに、軽く怒りつつ、お金払いました。涙。
時間も時間だったしね。。。;ー;


チャガルチ市場のこのビルで食べると高くつくよーと学んでしまいました。
たぶん観光客向けの場所なんだろうね。
一度このビルで食べてみたかっただけなのだ。それだけなのだ。;

ちなみに、このビルの周辺にある小さな食堂だと、もっと安く食べられます。
帰りのフェリーで、行きにもお話した日本人のおばさんと話したんですが、この近所の小さなお店で、アワビ粥を食べたらすんごくおいしかったそうです。あまりにおいしすぎて2日連続で行かれたとのこと。値段を聞いたら、ビルでの食事代の3分の1もしなかったみたいです。
ま、みなさん、小さいお店に行きましょうね〜〜。w


若干の不満を懐きつつ、、、ホットクが食べたかったので、南浦洞のほうへ歩くことに。

ホットクって、なんかホットケーキのような回転焼きのような形のお菓子で、中にナッツを入れてくれる甘いお菓子。大好物なのです。

見つかった屋台がここ。



ここのホットクおいしかったー。
ホットクの写真がなくてすいません。
友だちは、さっきの高い魚より、ホットクの方が「おいしい!おいしい!」と喜んで食べてはりました。
ホットクやっすいんだけどなー。w

ホットクを作ってるおばちゃんに、何年されてるんですか?とお聞きしたら、「35年ここでしています」と仰ってました。それでやはりおいしいんですねー!と伝えておきましたよ。


ま、そんなこんなで、地下鉄乗って釜山駅に戻ってきた。


釜山駅の近くに、以前良くしてくれた社長がやっている宿があって、ついでに挨拶に行こうとそこに行ったんですが、あいにく社長はご不在でした。
昔、ソウルで骨折した時に、釜山へ戻ってきてその当時社長がやってた宿に行ったら、「それだと階段上れないね!メールで聞いてたから1階の部屋を空けたよ!!そこ使いなさいよ!!」とぶっきらぼうながら気を使ってくれて、次の日には「何時に帰るの?!タクシー呼んでおいたからね!!」と勝手に手配までしてくれて、とってもお世話になって感謝しているのです。w
フロントのこれまた名物なおじいさんに、社長によろしくお伝え下さい、とだけお願いしときました。

で、ホテルへ戻る途中に、コンビニでビールとおつまみを買って。。。


ホテルで友だちと2人、TVを観ながら、この女優さんかわいいなーきれいやなーとか話しつつ、韓国ビール飲んでました。


あ、そういや、ホテル出る前に、冷蔵庫が冷えてないのに友だちが気づいて、行きしにフロントへ伝えておいたら、ちゃんと点検して直してくれてて、その上、使ったバスタブも再度きれいに掃除してくれてました。
でも、タオルが汚れたので、追加をお願いしたら有料だって言われたのでやめた。
まあ、ベッドだし、寝心地は良かったよ。

そんな感じで、釜山1日目が終わりました〜。

まだ続きます。すいません!



パンスタークルーズモニターツアー[4]

釜山に来たからには、 釜山タワーに上ってみようかと。

初めて韓国旅行に来た時に行ったけど、なんか懐かしいのと、友だちは初めての韓国なので、また行ってみることに。

南浦洞に戻ると、また謎のゆるキャラが。



街の真ん中にある、この屋外エスカレーターで、釜山タワーのある龍頭山公園へ上っていきます〜。
(初めて来た時は雨でこれ止まってたんだけど、今回は晴れで動いてた!!)


エレベーターの途中には、なぜか仏像が。
いったいなんだろう。。。??


エレベーターを上りきると、釜山タワーが目の前に!
でも、まだ階段があるんだね、、、(なぜ一番上までエスカレーター作らなかったの?)


階段を上ると、李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が。
李舜臣将軍は、豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に戦った、朝鮮の英雄だそうです。
ソウルの光化門にも銅像がありますね。
でも具体的に何した人かよく知らない。。。
伝記本が日本語訳で出てるからいつか読んでみようかな。


さて、釜山タワーの入口で入場券を買って、エレベーターへ。
エレベーターが上っていく途中、職員の人が韓国語で「この釜山は海抜189mで地上120mの高さで」という説明をいろいろしてくれます。
説明がひと通り終わったところで、韓国語で、私たち日本人なのでさっぱりわからないです、と言ったら、「あ、そうですか!」と今度は日本語で同じ説明をしてくれました。w


上りきったら、展望台かと思いきや!
今度はすんごく狭い階段を上らないといけない!
(これは釜山タワーに行った人が必ずネタにするところ。あの階段狭すぎやろ?って。)

動画でなんとか感じを見てみてください。



上りきったら展望台だ!


釜山タワーから見下ろす、釜山の街。
左にあるかわった屋根の建物は、チャガルチ市場っていう魚市場です。


海の上を渡されたすんごい大きい橋。


この景色の先にあるのは、昼に行った甘川文化村かなぁ?


釜山港へ帰れ、な、釜山港。


ま、そんな感じで、釜山の景色を楽しみました。


で、もうちょっとゆったりしようかなと思ってたんだけど、友だちが「トイレに行きたい」と言うので、職員の人に聞いてみたら「エレベーターを下りて2階にあります」と。

で、しょうがなくエレベーターに乗る。
展望台からは階段使わなくてもエレベーターで下りれるという、この構造は謎。


で、トイレのある2階っていうのは、地上2階のことで、結局展望台から下りちゃうことに。
もうちょいゆっくりしたかったのにな。
てなわけであっさりと釜山タワー見学はおしまい。

タワーの前の公園には、カップルのための写真撮影スポットが。


Nソウルタワーと同じように、カップルが鍵を付ける場所がありました。
ここは南京錠より、ハート型のがいっぱいでした。
割れているのは何か意味でもあるのかなぁと考えつつ謎は解けず。


ま、もう一回、釜山タワーを見上げてみる。


しかしこの日は本当に暑かった〜。
日も暮れかけて、あー暑いなぁ休憩したいなぁと思っていたところに、現れたチェ・ジウ!


『冬のソナタ』って釜山は関係あったっけ??
『イラッとする韓国語講座』に出てきてたのはこれだったっけな??

ま、ネタにでもなればと横に座って写真なぞ撮って。。。
そのまま横に座って、タバコを吸って休憩しながら、ぼさーっとした気分になって。

我を忘れたまま、ふと横を見たら、このチェ・ジウの顔!!


本気でびっくりしたわ! 怖かった。


そんなわけで続きます。


パンスタークルーズモニターツアー[3]


せっかく釜山に来たのだから、まだ行ったことのない場所に行きたくて!

甘川文化村(カムチョンムヌァマウル)という場所ができているのを聞いてて、たぶん遠いんだろうなぁと思ってたんだけど、ホテルでもらったガイドブックを見てみたら、チャガルチ駅の次の駅、地下鉄土城(トソン)駅からバスに乗ってすぐ行けるとわかったので、ちょっと行ってみることに。

土城駅を出て、そばのバス停へ。



このバスで良いのかわからなかったので、バスに乗り込んだお兄さんに聞いてみたら、「これで行けますよ」というので乗り込む!
バスが出発し、坂道を登って行く。
そう忘れてた! 韓国のバスは運転がジェットコースターみたいだということを!
バスの中でポールに掴まってるのに、体のけぞってイナバウアー状態、もうちょっとで完全に倒れて惨事になるところでした。汗。

すぐに甘川文化村へ到着。
バス停のそばで日本語の案内パンフレットが売ってるらしかったんだけど、まあ良いやと思って、買わず。

撮影スポットとされている場所から、釜山のマチュピチュと言われる甘川文化村が一望できました! なかなかの風景〜。


 
あとで知ったんだけど、木村拓哉とイ・ビョンホンが出演してた映画『HERO』のロケ地になっていたそうですね!

カラフルでおもしろい場所だなぁと風景を楽しみつつ、、、
でも向こう側に行ってみたいな、と考えて見たら、ここすんごい谷になっている上に、向こう側の上に行くには坂や階段をたくさん登らなくちゃいけないじゃないですか!

あ、関係ないけど、韓国の家の屋上はなぜかグリーンに塗装されてますよね。



すんごく暑い天気にちょっと躊躇しつつ。。。




意を決して、向こう側に向かうことにする!


坂道を降りて、ちょっと休憩してから、路地へと入って行きました。

古い家々がカラフルに塗装されている雰囲気は、なんか映画の世界に入ったみたいで。





階段を登り切ると、お店とかが並んだ場所にでてきました。


小さい公園があって、道の壁画が。
ここで歩いて行くポーズで写真を撮る人がたくさん。
だんだん人が増えてきて、写真を撮るための行列ができてました。



観光客の人たちけっこういたなぁ。
よくここまで元気に登ってこれたもんだと思ってしまった。



ちょっとはずれたところに迷い込んだけど、ここにもカラフルな建物が。


戻ると、ワンちゃんが。


お店がある通りには、いっぱい壁画がありました。





この谷を登ってきたんですよー。
とにかくこの日はすんごく暑かった〜!!







そんなこんなで甘川文化村を見学できて満足!
たぶんもっと探検するといろんなところがあるんだけど。

この道を下りていけば、きっと帰れるんじゃないかと。。。


帰り道でもまたワンちゃん。なごむ。



こんな感じの雰囲気の甘川文化村の見学でした〜。
とにかく坂を上ったり下ったり、汗だく!!

ところで、こんなトラックの三輪バイクを何台も見かけたんだけど、これいいなぁ。


で、坂を下りきり、バス停を探しつつ、、、
でももう汗だくでくたびれちゃって。

結局、タクシーつかまえちゃいました。


この坂をまだ上るとかもう無理〜〜〜。

運転手さんに、「暑いですー」って言ったら、無言でクーラー強くしてくれました。
で、カムサハムニダって言ったら、発音が悪かったのか、運転手さんがゆっくり強めに「カムサハムニダ」と返してきた。でも真似しても直らないので、何度も同じやりとりを。w
運転手さんは親切なのになんかぶっきらぼうな人でした。釜山だからかな??


ワンメーター2800ウォン(280円)は安い!
無事、土城駅に戻れて、地下鉄で釜山駅へ向かいました。

続きます〜。



甘川文化村(カムチョンムヌァマウル)
釜山市(プサンシ)沙下区(サハグ)甘川洞(カムチョンドン)10-13
부산시 사하구 감천동 10-13





パンスタークルーズモニターツアー[2]

釜山港でパンスタードリーム号を降りて、韓国へ入国。

国際フェリーターミナルの最寄り駅の地下鉄中央駅から、今回のホテルがある釜山駅へ向かおうと。
釜山の地下鉄でもT-moneyがチャージ(充電っていうよね)ができるようになってました。
で、T-moneyと、KOREA PASSをチャージ。
駅には、案内係のおじいさんがいらっしゃって、説明してくださろうとしてくださったけど、問題ないよー充電したしー、って言って。。。
友だちにはKOREA PASSを渡して、ピッと改札を抜けてもらいました。
で、自分がT-moneyで抜けようとしたら、、、なぜかエラーになって入れない。
結局、案内のおじいさんに、なんかエラーになったんだけど、と言って助けを求めることに。
「カードが2枚入っているというエラーが出てますね」と言われたので、確認したけど、1枚しか入ってない。
おじいさんは駅員さんを呼んでくれて、エラーを解除して、やっと改札を抜けられました。
この後、何度もこのエラーに遭遇することになるんだけど、、、なんかT-moneyとKOREA PASSの相性が悪いようで。KOREA PASSの後にT-moneyをかざすとエラーになるっぽい。なので、知らない人を通れなくしちゃったりしました。w

釜山駅へ到着!(前置き長すぎたね)



今回泊まるのは、釜山駅のすぐ近くにある、東横イン。
着いたのは正午くらいだったんだけど、すぐには部屋に入れないそうで。
16時から部屋に入れるんだって。
なので、手続きだけして、荷物を預かってもらって、ちょい出かけることに。

まずは南浦洞(ナンポドン)に行きました。



久々の南浦洞を散策。



チェジュ島にある石像だ〜。



釜山タワーへ続く屋外エスカレーター。
後で行くのでいちおう場所を確認。



で、お昼だし、何か食べたいなと思って。
せっかくだから、釜山名物のミルミョンを食べたいと探したけど、それらしき店が見当たらず。なので、道でチラシを配っていたおねえさんに聞いたら、「この先を行って曲がったら、ミルミョンのお店がありますよ」と教えてくれました。

で、見つかったのがこのお店。「はるめ かや みるめん」。
すんごい行列でびっくり。どんどん行列は長くなって行く。
悩んだ末とりあえず並んでみることに。



前に並んでいた若いカップルの人たちに、どれくらい待たなきゃダメ?って聞いたら、「ちょっとわからないです」と。なので30分?1時間くらい?って聞き直したら「たぶん30分以内に入れますよ」と。
暑い中覚悟を決めたんだけど、10分もしないうちに入れました。w



お店の中はこの通りお客さんがごった返してた。

そしてミルミョンが来たよ!



ミルミョンは、釜山独特の冷麺。ソウルの冷麺より麺がやわらかくて、さっぱりした感じ。
氷がいっぱい入ってて、冷たくて、おいしい!
こんだけおいしいから、人が並んでいるのも納得。
本当にさっぱりしました〜。

食べ終わって、外に出ても、やっぱり人が並んでました。
どうやら名物店だったみたいですね。


食べ終わったら、なんとなくBIFF広場の方へ。


昔行った時は、PIFF広場だったのに、釜山をBUSANと表記するようになって、ここもBIFF広場に名前が変わってた。


BIFF広場には、おなじみ、ビートたけしの手形が。
なんかなんとなく毎回見つけてしまう。場所がわかってるわけでもないのに。


BIFF広場には謎のゆるキャラが。
てか暑いだろうなぁ。。。



屋台もいろいろ。



最近なぜか韓国でよく見かけるケバブ。
なぜトルコ人は韓国にいっぱい来てるんだろう。。。?


靴の中敷きだけ売ってる店。。。ナゾすぎる。


そして大通りへ。


大通り沿いにCDショップがあったので入ってみた。
少女時代とかKPOPのCDもたくさんあったし、けっこう品揃えのいい店。
でも注目したのは、、、トロットのカセットテープ!


韓国ではまだカセットテープが健在なのですねー。
でもソウルの教保文庫とかどでかい店には売ってないけどなぁ。

次の目的地へ行こうと、駅の通路を歩いてると、、、
金のアクセサリーが3000ウォン(300円)で売ってました。


絶対、金じゃない。w


続きます!


JUGEMテーマ:韓国

パンスタークルーズモニターツアー[1]

大阪港から釜山港まで運行しているパンスタードリーム号!
モニターツアーに招待されて、6月27日から30日まで、釜山まで船旅をしてきました。

これまで何度も利用したパンスタードリーム号。
初めて韓国に行った時もこのフェリーに乗って初めての海外旅行をしたんで、すんごくお気に入りです。

数年ぶりに大阪港へ!
港にはすでにパンスタードリーム号がスタンバイ!


乗船手続きをすませて、大阪港の3階ロビーでのんびり出国時間まで。
3階にパンスタークルーズの専用ロビーがあることも知らなかったけど、
こうやって窓からパンスタードリーム号を眺められていい気分!



出航時間が近づくと、1階の出国ゲートが開いて、出国手続き。
港に出ると、順々にバスで船まで送り届けてくれます。
(バスに乗るほどの距離ではないんだけど!)
バスから降りて、船の中に入り、エスカレーターでロビーへ。
ロビーに入ると、チェロの生演奏の音色とともに、客室乗務員の方々が出迎えてくださいます〜。
(でも行きは写真撮るのをわすれちゃった。)

船内カウンターで、鍵を受け取り、部屋へ。
今回はファミリールーム。
板敷きの部屋で、布団を敷いて、寝るタイプのお部屋。
公式サイトの説明では、4人部屋らしいけど、2人でのびのび使わせていただきました。
以前はずっとスタンダードルームで2段ベッドで4人相部屋の部屋を利用してたので、今回は出世した気分。笑。

さて、いよいよ3時に船は出港〜!
夕食まで時間があるので、船をあちこちのんびり探索です。


船の中には免税店があります〜。
タバコを切らしていたので、いきなりお買い物。
タバコ吸わない人にはどうでもいい情報だけど、1カートンの値段が、関西空港より安かったです。たぶん韓国の免税店の値段と合わせているんだと思う。カードで買ったら、ウォン決済になってました。
他の免税品ももしかしたら安いんじゃないかなぁ。
営業時間が決まっているみたいなので、免税品が欲しい人は、開いてたら逃さず買っておくと良いと思います〜。

船の中にはコンビニもありますよ!
おそらく日本領内に存在する唯一のGS25。



韓国のコンビニ商品が揃い踏み!



あ、船内カウンターでも写真撮らせていただきました。
客室乗務員の方、おきれい!^^



自動販売機で、キリンビールとおつまみも売ってます!




そして、ロビーから階段を上り、船のデッキへ。



右にあるラウンジへは、夜に行った!




のんびり大阪を海から眺めて。。。
また船の中へ。
時間はいっぱいありますし〜。


あとで食事をするレストランですー。


こんな広々とした吹き抜けも。

さて、出港してからしばらくして、今回のモニターツアーの特典の、操舵室見学へ。
運航はすんごく真剣な雰囲気でされていました。
運行しているところは写真を撮ってはいけないようだったので、その写真はなしです。

操舵室からは、ちょうど明石大橋が見えてきました。




明石大橋はなかなかの迫力!
下を通り過ぎる時もかなり興奮しました〜。^^

すんごい貴重な経験ができました!

そして見学時間も終わり、またのんびり船の上。




そうこうしているうちに、食事時間になりました。

食事はレストランスペースで、バイキング。
これもモニターツアーに含まれていて、タダでごちそうになっちゃいました。
ちなみに夕食朝食往復で2200円です〜。



このお姉さんはあとで会った気が。。。





自分で食べたいものを自由に取って、好きに食べる感じです〜。

きれいに盛り付ければいいんだけど、たくさん食べたかったので、こんなことに。



韓国料理のキンパプやキムチももちろんありました!



こんなに必死に盛らなくても、ちょっとずつ持ってきて食べ終わったらすぐにウェイターの人がお皿を下げてくれます。小まめにお皿をさげてくださるのでサービスすごく良くされててびっくりしました。
なので、少しずつ食べては、また取りに行けばオッケーです。

あ、数年前に乗った時より、お食事は味が良くなってましたよー。
何度も取りに行っては、お腹いっぱい食べさせてもらいました!

そして、食後はまったりデッキへ。



とまたそうこうしていると、さっきまでレストランだったところで、船内ショーが始まります!

フェリーの中に入った時に、ロビーで演奏していた人だ〜!



そしてカラオケ大会。
フェリーのお客さんたちが歌います〜。
カラオケ大会は大阪から釜山へ向かう時だけやってるみたいです。


そしてパンスタードリーム号名物と言って良い、マジック!
以前に見た人とは違う人だった。なかなか楽しいです〜。



約1時間のショーも終わり、でもまだ寝るのも惜しいぞ、と。。。
上の階にある、ラウンジへ行ってみました。



そういやここ今まで入ったことなかったなぁと思いつつ。
中に入ると、お姉さんが歌を披露してました。



歌、すんごく上手! 
英語の歌を中心に、X JAPANも歌ってられました。あ、それも英語の歌だった。
アイスコーヒーを飲みながら、聴き入ってました。
あれ? さっき食事の時にレストランにいてた人ですやん!
歌が終わった後、少しお話をして、フィリピン出身の方だと教えてもらいました。
綺麗な方だったので、一緒に写真も撮ってもらっちゃった!(でも恥ずかしいので載せない。w)

そんなこんなで夜も更けて、寝ることに。
練る時間までけっこう長い時間フェリーで過ごしたけど、たくさんイベントがあって、全然退屈しなかったです。どっちかというと忙しいくらい!!

次の日、目が覚めると、朝食です〜。
ごはんもあれば、パンもあるし、サラダもフルーツもあるし、朝食なのにたくさん揃いすぎ。
で、調子に乗って、腹いっぱい食うという。。。







朝食が終わったら、のんびり海を眺めて、あとは釜山へ着くのを待つだけ。





朝11時に釜山港へ入港。
予定では午前10時着なんだけど、安全運行でゆっくり運航してたのかなぁと。
今回乗った感じ、全くと言っていいほど揺れなかったし、なんとも心地いい航海でした。

入国審査も問題なく終了〜。

釜山に足を踏み入れました!



さて、ここから、約1日間の怒涛の釜山道中が始まります〜

続きます!!


 JUGEMテーマ:韓流♪

お久しぶりです。

 みなさん、こんばんは。

先日、久々にソウル行ってきました。

友だちと会ったり、ライブを見たり、ミュージシャンの人と会ったり、
フリーマーケットに参加したり、
楽しい日々でした。

以前にソウル旅行記を書いてから、何年も書いてないことに気づいた今。
何度かは行ってるのに。。。

また余裕ができたら、いろいろ書きますねー。
ブログの更新もぜんぜんできなくてごめんなさい。


みなさん、おげんきですかー?!


【マニアックソウル】 おまけ 韓国で見つけた日本語

今回の旅ではあんまり見つからなかったけど、、、
日本人客へ向けて、なんとか頑張ってるお店が、韓国にはたくさんあります。
そして、どこにどう頼んだのか、謎の日本語が散見されることはご周知の通り。

時代も良くなって、日本文化も普通に見られるようになりました。

ホテルはもちろん外国人客が来るので、
普通に日本の、おーいお茶が用意されてました。


ちゃんとしたところには、正しい日本語がある、と思いきや。

超大手ハンバーガーチェーンのバーガーキングには、、、
「−アメリカの」



アメリカのものなんですね。。。;; で、なんで「−」を最初に持って行ってしまったのか。。。
超大手なのに。;;


そして、先にご紹介した、切ったらシャネルです。



韓国語で書くと違法になるので、日本語で書いてるらしいです。
韓国と言えばバッタモンだった時代が懐かしい。これしか見つからなかったです。


トンカツ屋には、とても自己主張してる日本語が。
文法も文字も正しいんだけど、、、ここまで自慢されても。



直訳系は、まぁ慣れましたね。
「ゆで肉の盛合せ」、、、ゆでた肉を盛り合わせてくれるんでしょう。



なんだか気合いの入った、男気のある看板。



ふぐ料理屋でおしいのを発見!
「とらふぐづルゴキ」 「づ」と「プ」のおしい誤植。



「ふぐぞうあい」が何かわからなかった。
後に、「ふぐぞうすい」だろうと発覚。



「あぶらばずし」とか
「からいまぜレナーメン」とか
「全州もやしグシペ」とか、、、
つっこみどころ満載のメニュー看板。




そして謎の日本語、「クアソタト」!!!!!



一体何の意味か、はたまた何の誤植なのかと、じゅなくんと一緒に考える。
上を見ると、看板が。ハングルで 「クァンゲト」という店名。
「クアソタト」は、「ソ」と「ン」の誤植の上に、「ゲ」を「タ」に誤植。



でも、なんで店名をわざわざ日本語で主張したいのかと、
ひとしきり悩んでしまった。。。

「中古名品」という看板。一見普通ですが。。。
左横のハングルは、「コイビト」と書いてあります。




ヨンインで見かけた、日本式居酒屋。
「はたこ」という店名の意味について、深く悩む。





そして、そして、、、ヨンインで、
「おでんぎですか」という店を発見!



心躍らせながら近づいていきます。



日本式おでんのお店ですね。



「お元気ですか?」と「おでん」をかけて、「おでんぎですか」
でも、なぜ「ぎ」と濁る!

「お元気ですか?」というのは、韓国人は誰もが知っている日本語です。
岩井俊二監督の映画『LoveLetter』で、中山美穂が言っていたセリフです。
公開当時、まだ韓国は日本文化が禁止されていたので、
海賊版のビデオが韓国に流入。
海賊版にも関わらず、『LoveLetter』は一大ブームを巻き起こし、
当時韓国に行った日本人は、韓国人からやたらと「おげんきですかー?」と言われ、困惑したそうです。


店のガラスには、
「愛してた。」「愛していく。」「愛している。」。。。


そして、
「愛は涙を懸ける賭博だ。」



そんなこんなの「おでんぎですか」



これは、、、
岩井俊二監督に報告せねば!!



韓国の日本語のお話、おしまい。


JUGEMテーマ:韓流♪
 



PAGE TOP